スーモカウンター fp相談

スーモカウンターでファイナンシャルプランナーに無料相談するとどうなる?

今の年収だと住宅ローンはいくらまで借りれるんだろうか?

 

月々の返済額はどれくらいになるんだろうか?

 

そんな疑問を解消したあなたにぴったりなサービスが、ファイナンシャルプランナーへの無料相談です。

 

スーモカウンター無料FP相談サービスの実態

注文住宅に関する相談やハウスメーカーの紹介で有名なスーモカウンターですが、実はファイナンシャルプランナー(FP)への相談もできます。
FP
出典:家を建てる

 

なんと利用料は無料。

 

しかも、自宅やカフェなどに出張してもらうことも可能で、その場合もお金はかかりません。

 

小さな子どもがいてスーモカウンターに行けない人でも便利に利用できる人気のサービスです。

 

(例)
・スーモカウンターFPセミナー TKP品川グランドセントラルタワー会場
・スーモカウンターFPセミナー TKP新宿カンファレンスセンター会場

 

 

どうしてFPへの相談が必要なの?

これからマイホーム購入を考えているなら、一度はFPと話しておくことがおすすめです。

 

失敗しないマイホームのためには、何よりきちんとした資金計画がかかせません。

 

家計の状況をきちんと把握し、無理のないローン返済額を決めることで、新しい家でのゆとりある生活が可能になります。

 

どんな家が買えるのか、どんな土地が買えるのかということも予算によって違います。

 

しかし、どれだけ予算を用意できるのか、また家を買うためにどんなお金が必要になるのか、自分の力だけですべてを把握するのはなかなか大変です。

 

そんなときにFPに相談することができれば、専門家の視点から的確なアドバイスをもらうことができます。

 

FPへの相談は、家づくりについて本格的に動き始めてからという人も多いです。

 

しかし、住宅購入を考え始めたばかりの段階で相談したほうがいいです。

 

全体の予算感などが最初に把握できれば、その後も効率的に進めていけるようになります。

 

スーモカウンターFPに相談するメリット・デメリット

資金計画や住宅ローンに関する相談は、各ハウスメーカーや銀行などでもできます。

 

しかし、ハウスメーカーで相談した場合はそのハウスメーカーで家を建てるのが前提、銀行で相談した場合はその銀行で借りるのが大前提で話が進みます。

 

親身になって相談にのってくれますが、最初から選択肢が狭まってしまうのはもったいないです。

 

スーモカウンターのFPなら中立の立場でアドバイスをしてくれます。

 

どこのハウスメーカーで家を建てる場合でも、どの金融機関でローンを借りる場合でも使える情報をもらうことができるのです。

 

スーモカウンターでハウスメーカーを紹介してもらうのとは違い、住宅会社の紹介も行わないため、「中立と言っているけど実は偏っているのではないか?」という心配もありません。

 

FPに相談するデメリットというのは、基本的にありません。

 

FPに相談する時間も惜しいほど忙しい人には、購入にも維持にも手間のかかる持ち家は向いていません。

 

ただ、注意しておいてほしいのは、FPの意見が100%ではないということです。

 

ハウスメーカーで同じようなことを相談した場合に、もしかしたらFPとは違う意見かもしれません。

 

例えば、多少予算を増やしても省エネ性能を高めれば光熱費を削減でき、月の返済額が多少増えても家計に問題はでないと言われることもあるでしょう。

 

違う意見に出会った時、どちらを採用するかを決めるのはFPではなく自分自身です。

 

そして正しい選択をするためには、たくさんの意見を聞き、色々な情報を仕入れておくことが大切になります。

 

FPに相談する時のポイント

限られた時間の中で必要な情報を効率的にキャッチしていくためには、事前にどんなことについて聞くのか決めておくことが重要です。

 

家計の状況を正直に話す

住宅ローンでいくら借りられるのかを考えるためには、毎月いくら返していけるのかという情報が必要です。

 

FPには今の収入と支出、貯金の状況について正直に話しましょう。

 

相談の際には、これらについて分かる資料も準備しておきましょう。

 

毎月の家計簿、水道光熱費、給与明細、保険に関する書類など、お金に関する書類を一通り事前にチェックしておき、当日もすぐ確認できるようにしておくと安心です。

 

光熱費や水道料金等は季節による変動も大きいため、多い月と少ない月、両方あるとよりベストです。

 

どんな家がほしいか伝える

自分たちの持っている住宅のイメージと、予算から考えられる現実的な住宅のスタイルのすり合わせも大切です。

 

理想が高すぎればFPが教えてくれますし、思っているよりも余裕があればそのお金の使い方についてのアドバイスも貰えます。

 

家族構成とライフプランも伝える

住宅ローンについて考えるためには、現在の家計の状況に加えて、将来についても考えなくてはなりません。

 

特に大きいのが子どもの学費です。

 

子どもは何人いるか、習い事や大学にどのぐらいお金をかけるのか、家族であらかじめ話し合って考えをまとめておきましょう。

 

子どものこと以外にも、車の買い替えサイクルや、旅行などの余暇に使いたい費用など、幅広いライフプランについても事前に考え、FPと相談する際に話せるようにしておいてください。

 

相談場所には気をつける

スーモカウンターのFPは出張相談にも対応しています。

 

自宅以外にカフェやファミレスへも来てもらうことができますが、お金の話をする点には注意が必要です。

 

他人が聞いているかもしれない場所で給料やローンの話をするのは不用心ですし、持ち出した書類を忘れたりなくしたりすると悲惨です。

 

「自宅は散らかってるから人は呼びたくない…」という人も、頑張って片付けてみてはどうでしょうか?

 

どのみち、家を買ったら引っ越しが必要になります。

 

今からコツコツ片付ける習慣をつけておいた方があとあとラクです。

 

家計にあわせたアドバイスがもらえる

住宅購入資金に関する情報はインターネットにもあふれています。

 

こんな計画を立てた、予算はこのくらい、ローンはこのくらい、と色々な人の事例があります。

 

しかし、家計の状況は人によって色々。

 

ライフプランもそれぞれで、他の人がうまく行っていたからと言って、同じようにしてもうまくいくとは限りません。

 

もちろん、こうした事例を参考にするのも大切ですが、素人目線では見落としているポイントがあるかもしれません。

 

FPに相談すれば、自分の状況にあわせた資金計画と家計のアドバイスがもらえます。

 

無料でお金の専門家に話ができる機会はあまり多くありません。

 

まずは一度話をしてみてはいかがでしょうか。

 

→ スーモカウンターFP相談の詳細はこちら

このページの先頭へ戻る